ぶどう栽培60年 秀果園のホームページようこそ!

Page Top

Blog - 最新エントリー

美味しさを見極める天才

カテゴリ : 
栽培作業
執筆 : 
syuka-en 2015-7-12 9:26

加温ハウスの葡萄たちが、いい感じになってきました。
色が付き始めました。
糖度も上がり始めました。

写真は伊豆錦という品種です。
ピオーネにカノンホールマスカットを掛け合わせた
大粒の高級感あふれる品種です。


ごらんの通り、粒ははちきれんばかりの大きさです。
色付きはもう一息といったところでしょうか。
ここから、もっと艶のある黒に仕上がる予定です。

糖度が上がり始め、逆に酸度が下がり、
徐々に美味しいブドウになっていきます。
糖度は糖度計で測ります。

しかし糖度計を使わずに、
その甘く美味しい葡萄を見極める天才が当園にいます。
見た目や、微妙な香りなどから、
天性のセンスをもって見極めます。
これは普通の人にはまねできません。

その正体とは・・・・

鳥さんです!
この時期、鳥さんやハクビシンがやってきます。
そして、見事に美味しい葡萄を見極め、
パクリ!と食べてしまします。
しかも全部食べずに、美味しい部分だけ食べて、
次のブドウに行きます。贅沢ものめ!

糖度がまだ上がってきていない酸っぱい葡萄は食べません。
お見事。
って、褒めてる場合じゃないんです^^;

秀果園のブドウは美味しいからか、良く狙われます。
その対策として、袋を掛けたり、電気柵を設置したりします。
それでもやられることがあります。
この時期は野生生物との戦いです!

この前は鳥を追い払うために、
爆竹を鳴らしました。効果は一瞬だけ、、、
瞬間的に飛び立ち、そして電線の上から、再び狙っているのが分かります。
う〜ん、しぶとい。

ご心配なく。
この戦いには、必ず勝利します。
あなたに美味しいブドウをお届けするために。

会員さんには、近日中に加温ハウスの葡萄の案内をお届けします。
出荷は8月上旬からです。待ち遠しい〜。
今年の出来は、歴史上最高(?)かもしれません。
大人気のシャインマスカットもありますよ。
ご期待ください。
 

抜けない炭酸の秘密

カテゴリ : 
商品紹介
執筆 : 
syuka-en 2015-7-1 10:35

梅雨時期の農園より、、、

先日、今年の東御市ワインフェスタへ向けての
実行委員会が立ち上がりました。

ヴィラデストワイナリーのオーナーであり、作家でもある
玉村豊男さんも実行委員のメンバーで、いろいろご指導いただいております。

実行委員には、東御市のワイナリー4社、
新規参入のワイン葡萄農家、チーズ屋さん、イベント企画会社、
東御市役所の方たちがいらっしゃいます。

秀果園もその実行委員メンバーです。
「ん? 秀果園とワインの関わりは?」と、あなたは思いましたよね。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、秀果園は
巨峰原料を地元ワイナリーRue de vin(リュードヴァンと読みます)へ提供し、
巨峰のスパークリングワインを醸造しております。

※ 写真はリュードヴァンさんのFacebookページより引用

また、あなたは
「このワイン、なんか興味あるけど、何が特別なの?」
と思われるかもしれません。

ご存知ですか?
世の中に出回っているスパークリングワインの多くは、
普通のワインに二酸化炭素(炭酸)を注入して作られます。
誤解を恐れずに言うとカクテルみたいな感じです。

しかしこの巨峰スパークリングワインは違います。
炭酸を注入しておりません。
それではなぜスパークリング状態になっているのか?

瓶の中で発酵させることにより、炭酸を自然発生させているのです。
糖分を酵母発酵させると、アルコールと炭酸が発生します。
このような製法を瓶内2次発酵と言います。(ちょっと難しくてすみません!)


試しに炭酸を偽物注入(?)した、ある意味廉価スパークリングワインと
この巨峰スパークリングワインの炭酸クオリティを見比べてください。

廉価スパークリングは、表面から炭酸がすぐに抜けてしまいますが、
巨峰スパークリングは、とてもきめ細かい炭酸が、
内側から出続けているのが分かります。

フランスのシャンパーニュ地方で伝統的に作られている、
シャンパーニュ製法でもあります。

要するに、基本原料は秀果園の巨峰のみで、
超超、本格的につくっているのです!!!

ちょっとワインに詳しいあなたなら、
「巨峰はワイン葡萄には向かないよ。酵母発酵により、くさみに変わるからね〜」
と言われるかもしれません。

ふふふ、驚くなかれ。
これはワイン通も納得させる、ブリュット(辛口)です。
なぜそんなことが可能なのか?

それは収穫時期に秘密があります。
リュードヴァンのカリスマ醸造家である小山氏と何度も打ち合わせをし、
醸造に適した巨峰の収穫時期を決めます。
酸度と糖度の関係で、もっとも適した時期があるのです。

このワイン、僕はボトル一本飲んでも悪酔いしません。
次の日にも全く残りません。
そのクオリティの高さを自分の身体をもって証明するため、
僕は一生懸命、歯を食いしばって飲んでおります。(笑)

そして、ついに今年バージョンの、
巨峰スパークリングワインが出来上がりました!

徐々に知名度も上がり始めており、生産量は少しずつ増えてきています。
しかし、秀果園のハイクオリティの巨峰原料は限られているため、
これ以上生産量を増やすには、長期的な計画が必要です。

世界No.1の巨峰スパークリングワインは
数量限定のプレミアム品。

さあ、あなたもこのスパークリングを飲んで、
うっとうしい梅雨を吹き飛ばしてください!

浅間山、異常なし

カテゴリ : 
スタッフおすすめ商品
執筆 : 
syuka-en 2015-6-24 10:04

土曜から月曜までの3日間、
千葉の三越で催事販売をしてきました。


軽井沢でのマルシェや試食販売は慣れっこなのですが、
千葉は久々だったので、ちょっとシドロモドロになってしまいました。(汗)

販売した商品は、
セミドライ葡萄の巨峰とナガノパープル。
そして巨峰ソースを練り込んだパウンドケーキ。

対面販売は、お客様のことを知るとてもいい機会なので、大好きです^^
サクラとして、勝手に盛り上げてくれるハイテンションなお客様もいらっしゃいました。
千葉の皆さん、ありがとうございました!

となりの催事ブースでは、山形から来たお蕎麦屋さんが販売していました。
山形の蔵王から来たおしゃべりなおじちゃんです。
そのおじちゃんと、なぜか気が合って仲良くなりました。
催事販売のやり方や、各百貨店の雰囲気や裏事情(?)を、
根掘り葉掘り教えてもらいました。

さて、勘の良いあなたら気付いたかもしれませんが、
山形の蔵王、、、
長野の浅間山、、、 (秀果園は浅間山の麓にあります。)

この二つのブースが並んでいるのをみて、
お客様から飛び出した言葉は、、、

「噴火、大丈夫ですか?」

はい、全くもって大丈夫です!!!!

浅間山はあなたがイメージしているような噴火はしておりません。
今のところ、火山灰も気になりません。
軽井沢の友人も平常通り生活しております。
そもそも、浅間山は数年に一回、小噴火を繰り返しております。

今日の浅間山↓ (軽井沢発地地区からの絶景)


お蕎麦屋さんのおじちゃんも、言ってました。
「先週、鹿児島に行ったんだけど、桜島は年中噴火してますよ。
でも、住んでいる人は普通に生活しいてます。」

そうなんです。世間は騒ぎすぎのように思います。

残念ながら、ちらほら、風評被害の話しを耳にするようになりました。
確かに、遠くに住んでいる人にとっては、
浅間山が、軽井沢がどんな状況になっているか分からないですよね。

だから声を大にしていいます。
住んでいる人間の実感として、「浅間山、異常なしです!」

軽井沢はとても気持ちいいシーズンに入りました。
ぜひ軽井沢へ遊びにきてください。
爽やかな高原の風を感じにきてください。

ツルヤや星野リゾートなど、軽井沢のあらゆるところに、
秀果園が出没中です。秀果園を探せ〜。

 

ぶどうの花が満開です

カテゴリ : 
栽培作業
執筆 : 
syuka-en 2015-6-9 11:37

農園より、、、

葡萄の花が満開となりました!
この一週間で一挙に咲きました。

先日、あるお客さんに満開であることを伝えたところ、
ぶどうの花を見たことない、ということだったので、
見にいらっしゃいました。

農園を案内し、「これが葡萄の花ですよ」と説明しました。
「どこに葡萄の花があるんですか?」
「ここですよ。」
「いや、私には見えないのですが、どこですか?」
「だから、ここに・・・」

ぶどうの花が見える人と、見えない人がいるようです。

これが葡萄の花です。
さあ、どれが花でしょうか?


あれ、あれ、どこが満開??
おそらくあなたも、「見えない」と言ったお客さんと
同じ反応だと思います。

よ〜く見てください。

葡萄の実になる前の花芽の、一つ一つに小さな花が咲いているのです!
一房に数十もの花が咲くことになります。
近くで目をかっぴらいて見てみると、
Very Smallな綺麗な花が咲いているのが分かります(^^)

この花の下ではお花見はできないですよね、、、、

でも香りはいいですよ。
とても甘い香りがします。うっとりします。
人によっては柑橘系のようだと言います。

一つ注意点があります。
花粉が舞っていることです、、、
うちの農園にも、葡萄花の花粉症のスタッフがいます。
ちょっとかわいそう。

花が咲くと、葡萄の成長スピードが加速します。
その成長と競争で、決められた農作業が進みます(汗)
6〜7月はもう休みがありません!!!
ここから実りの秋まで、全力で駆け抜けます。

あなたに今年も美味しい葡萄をお届けするために。

P.S.
8月後半から出荷が始まる見込みです。
ぶどうの先行案内を7月後半ごろ郵送します。
新規の方で案内送付をご希望の場合は、以下までその旨メールください。
(既存のお客様には今まで通り案内をお送りします。ご心配なく。)
↓↓
info@syuka-en.com
 

信州味噌スパークリング

カテゴリ : 
スタッフおすすめ商品
執筆 : 
syuka-en 2015-5-27 10:09

軽井沢より、、

軽井沢マルシェが始まりました。
星野リゾートさんで第1、第3土日に開催中です。
秀果園もほぼ毎回出店しております。


10店舗以上のいろんな生産者さんが集まります。
野菜、果物、ジャム、グラノーラ、ジュース、焼き菓子など、
軽井沢を中心とした、信州や群馬のピカイチ食材が揃います。


先日出店したとき、隣のテントは信州味噌の生産者さんでした。
僕も大好きな美味しいお味噌です。仲良くさせてもらっています。

いつも味噌汁を試食に出しているのですが、
暑い日だったので、売れ行きがイマイチ、と相談を受けました。

「田中さん、明日も暑い一日になりそうだけど、どうすればいいと思いますか?」
「そうですねー、暑い日に味噌汁だしても、なかなか試飲してくれないですよね。
味噌汁を炭酸水で割って、信州味噌スパークリングなんてどうですか〜」
と、軽いノリでジョーク混じりに答えておきました。

次の日のマルシェで、信じられない事態に発展しました、、、、

お味噌屋さんのマルシェテントから、
「う、う、う、、、、気持ち悪い、、、、」
という声が聞こえてきます。

「どうしたんですか?大丈夫ですか?気分でも悪いんですか?」と聞くと、
お味噌屋さんが、僕に試飲コップを差し出しました。
「田中さんの言うとおり、スパークリング味噌汁を作ってみたのですが、
飲んでみてください。。」

ゴクリッ! ま、まずい〜。
強烈にまずい!

お味噌屋さんには、甘めの味噌のほうがいいとか、
ハチミツを入れると深みがでるとか、
またまたいい加減なアドバイスをしてしまいました。
お味噌屋さん、ごめんなさい。

美味しいものと、美味しいものを組み合わせると、まずくなることがあります。
でも、このトライ&エラーが新商品開発には必要なことなんです。

日本酒スパークリングが最近売れていますが、
一昔前はそんなもの存在しませんでした。
誰かが、いい加減な(?)発想を元に、開発したんだと思います。

そのたたき台となる新商品を、世の中に小さくリリースしてみて、
マーケットの反応を見る。そして改善を加える。もしくは完全にリセットする。
そのテストマーケティングの場所として、マルシェは良い場所かもしれません。
って、変なもの食べさせないので、マルシェに遊びに来てください(^^;)

常識外れのアイデアが必要です。
さて、秀果園商品の次の展開はどうしようか?
塩麹セミドライ巨峰か?

アイデア募集中です。

P.S.
軽井沢マルシェ開催中です。
期間 5月〜10月第1、第3土日  8月は毎週土日
時間 9:30〜16:00
場所は、軽井沢星のや トンボの湯の前の広場です。
 

秀果園オンラインショップはこちら>

大切な方への贈り物。秀果園オリジナルの「浅間の雫」は当園だけのオリジナル商品です。24時間いつでも受付しております。秀果園オンラインショップをご利用ください。

詳しくはこちら>

商品ピックアップ

秀果園インターネット会員登録はこちら>

秀果園ではインターネット会員を募集しています。
会員になると、秀果園の商品が特別価格にてご購入できるメルマガ情報や、会員様だけのお得な特別企画による季節の贈り物、「あなたの心をつたえたい」秀果園の贈答商品情報をお送り致します。

詳しくはこちら>

ブログ カレンダー
« « 2018 2月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3
秀果園フェイスブック
秀果園フェイスブック