ぶどう栽培60年 秀果園のホームページようこそ!

Page Top

Blog - シンガポールで売り込み!(後編)

シンガポールで売り込み!(後編)

カテゴリ : 
スタッフおすすめ商品
執筆 : 
syuka-en 2016-1-6 9:59

前回に続きシンガポール営業の報告です。

シンガポール滞在の後半は、飲食店への飛び込み営業をしました。
何件かは現地の業者に紹介してもらい、訪問しましたが、
残りの大半は、「ここだ!」と思ったところへ、アポなしで飛び込みました。


思い切ってドアを開け、
「Hello, I’m from Japan. I’d like to introduce Japanese food stuff !!」
といって、ずけずけと入っていきます。
日本でアポなし飛び込みをすると、大概嫌な顔をされます。
しかし、シンガポーリアン、優しい〜。
皆さん、丁寧に迎え入れてくれるのです。なんて良い国だ〜。感動。

試食サンプルを食べてもらい、商品説明をします。
大体の営業トークスクリプトは、事前に考えておきました。
そして、練習もしておきました。

営業でよくある間違いに、行き当たりばったりのトークで勝負するのがあります。
特に、口が達者な人にその傾向があります。
僕は、口が立たないので、必ず営業トークを考えて、練習をしておきます。
どうすれば売れるのかを絶えず考え、それを仕組み化しておくのです。
その一つの手法が営業トークスクリプト。
このトークスクリプトを絶えず改善することにより、成約率がどんどん上がっていきます。
それはシンガポールに行っても同じ。

一通り英語で飲食店オーナーと話した後、
「あれ、日本人ですか?」と言われることがあります。

なんや〜、お互い日本人かい!
はよ言え!

と、お互いつっこみを入れてしまったことも何回かありました。

そんなこんなで、10件の飲食店を回りました。
そして、2件成約に至りました!
セミドライ巨峰に対して、とても高い評価を頂けました。

予約注文をくれたのが、
高級ワインバーと、超高級ウィスキバーです。


営業訪問したウィスキーバーでは、ウィスキーを2杯飲みました。
支払った金額は、なんと138シンガポールドル(約1万3千円)!!!
すばらしくお高い。ひえ〜、自腹営業回りは金がかかるぜ(涙)
でもこのくらい高価格帯のバーであるから、
セミドライ巨峰を簡単に買えるのです。納得。でも僕の財布は(涙)。

今回のシンガポール出張で、海外進出の確実な手ごたえを得ることができました。
日本の農産物や加工品は、海外の人から見たらユニークで、高品質、差別化商品が多いです。
海外の人たちに、その価値を正しく伝えられるかがカギとなります。

今回は、シンガポール明治屋さんで店頭販売をして、顧客の生の声を拾い集め、その情報から飲食店への営業トークを組み立てました。だからある程度、買ってもらえるという見込みがありました。
このようなマーケティングの仕組みがあれば、日本の農業が海外へ継続的に進出できると思います。

もちろんこれだけではなく、現地企業とのパートナーシップや、
県と連携した情報収取なども、とても大切です。
これら一連の流れや仕組みも書きたいところですが、今日は時間切れ。

また今度ね。
 

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する

秀果園オンラインショップはこちら>

大切な方への贈り物。秀果園オリジナルの「浅間の雫」は当園だけのオリジナル商品です。24時間いつでも受付しております。秀果園オンラインショップをご利用ください。

詳しくはこちら>

商品ピックアップ

秀果園インターネット会員登録はこちら>

秀果園ではインターネット会員を募集しています。
会員になると、秀果園の商品が特別価格にてご購入できるメルマガ情報や、会員様だけのお得な特別企画による季節の贈り物、「あなたの心をつたえたい」秀果園の贈答商品情報をお送り致します。

詳しくはこちら>

ブログ カレンダー
« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
秀果園フェイスブック
秀果園フェイスブック